About my art work

 2014年より、私は宇宙の画像や天文に関する事物をモチーフに、遠くにあって身体的に感得し難い宇宙空間を表現しようと試み続けてきました。NASAのハッブル宇宙望遠鏡が撮影した画像に見られる、美しい銀河や星雲に魅了されたことから出発し、宇宙望遠鏡による科学観測や宇宙の構成要素、地学的教養、神話などにも関心を寄せています。

 作品の主な表現方法は、紙にピンを用いて穴をあけて描き、その画面上に無数の星や天体などの図像を浮かび上がらせています。場合によってはあけた穴の裏から光を通し、目に見えない宇宙の光をもあらわそうとしています。過去の作品制作の中で、無数に広がる星々や地球の輝く大地、土星の規則的な環などを細部まで観察して描いたことがありました。宇宙の圧倒的な自然美を発見し、好奇心が一層掻き立てられました。今後も作品制作を通して、遥か遠くにあって目に見えないものから身近なものまで色々と思考を巡らせてみたいと思います。 

                                     須藤美沙